プロフェッショナルのこだわり

新しい技術やノウハウもマネジメントも、次々と学べることが楽しくて仕方がない。

KEI K.

エンジニア 2013年新卒入社

東北大学文学部人文学科出身。コンピュータで音楽をつくることに興味があったことと、卒論で統計データを分析するためプログラミングに取り組んだことが、IT業界に関心を持ったきっかけだった。

会社としても、自分にとっても新しいチャレンジ。

当社としては初の「BtoC」ビジネス向けシステム開発プロジェクトに携わらせてもらいました。デザイナーズ物件など特徴ある賃貸住宅を専門に扱うWEBサイトのバックエンドで動くシステムを開発し、その後の改善・改修まで対応しています。会社にとっても私にとっても新しいチャレンジなので、自らの手で切り拓く楽しさがあります。たとえばAPIの開発を進める際、上司から「どの開発言語を使うかは任せる」と言われ、自分の使ってみたい言語を選択して進めたりとか。

「自分で選んだ」という責任を感じつつも、新しい技術や知識、ノウハウを吸収できる喜びも感じながら開発を進めました。培ったスキルやノウハウが、会社の財産にもなっているという実感もあります。

自分の「強み」は、「新しもの好き」なこと。

このプロジェクトで、5名のメンバーを率いるプロジェクトリーダーも任されました。痛感したのは、コミュニケーションの大切さと難しさ。自分の手を動かすだけでなく、お客様やメンバーとのコミュニケーションが求められ、どうすれば伝えたいことが思った通りに伝わるか、を考えるようになりました。エンジニアとして生きていく上では、常に新しい技術やノウハウをアップデートしていく必要があると同時に、人に伝えたいことを的確に伝える能力もしっかりと身につけることも不可欠だ、と強く感じています。

業務を通じて、次々と新しいことを学んでいけることが楽しくて仕方がありません。自分の「強み」をあげるとすれば、きっと「新しもの好き」ということでしょう。

Entry | ORCで働く

わたしたちは、共に未来をつくる仲間を募集しています。