プロフェッショナルのこだわり

「ポジションが人をつくる」と実感。次は億単位のプロジェクトに挑戦したい。

TATSUAKI O.

開発部門 マネージャー 1997年新卒入社

東京工科大学コンピュータサイエンス学部コンピュータサイエンス学科出身。流通・小売業界向けシステムに数多く携わってきた。複数のプロジェクトを同時並行で進めるのが得意。

数千万単位の複数のプロジェクトを担当。

現在は、カラオケ店、ドラッグストア、メガネ専門店の3つのプロジェクトに同時並行で携わっています。予算規模は数千万で、メンバーの人数は数名から10名程度。いずれの案件でもここ数年で新卒入社した若い人たちにバリバリ活躍してもらっています。

新たな知識の習得や発見を共有するのが楽しい。

それぞれのプロジェクトに課題があり、それをメンバーたちと一緒にクリアしていくことが楽しみであり、やりがいでもあります。例えば、メガネ専門店チェーン向けの仕事では、メガネ業界特有の商慣習にマッチしたシステムに仕上げるにはどうするのが最適か、を考えながら進めています。今まで知らなかったことに触れ、解決法を発見する喜びを全員で共有できることがモチベーションにもつながるのです。よく「ポジションが人をつくる」と言われる通り、仕事によって自分自身が成長させられるのを実感しています。

さらに大規模な仕事に挑戦したい。

今後はより大きなプロジェクトにチャレンジすることで、自らの能力をさらに高めていきたいと考えています。予算規模なら数億円単位、メンバー人数なら数十人から百人単位のものに。下にはチームリーダーがいて、そのさらに下にメンバーが複数名いるというチーム構成になるでしょう。そうした環境で指示をうまく伝えるにはどうすべきなのかは未だ想像できませんけれど、やってみることで気づくことや分かることがあることは確信できます。新たなチャレンジに挑む日が今から楽しみです。

Entry | ORCで働く

わたしたちは、共に未来をつくる仲間を募集しています。