自分ブランドをつくろう

結果が出ても、褒められても、まだまだ満足しない。それって「向上心」!?

MINA N.

エンジニア 2015年新卒入社

青山学院大学社会情報学部出身。卒論で数学の教材づくりに取り組み、そこでプログラミングの面白さを知る。「自分ブランドをつくろう」というキャッチフレーズに魅かれ、先輩社員が自分に合うと感じて入社を決める。

1年目からシステムの保守・メンテナンスのメイン担当に。

新入社員研修を経て、メガネ専門店チェーン向けシステムの開発に携わり、今はその保守・メンテナンスでお客様の情報システム部ご担当からのお問い合わせやご要望にお応えしています。最初は先輩のサポートが中心だったのですが、今では私がメイン担当。自分一人でできるかどうか不安でしたが、わからないことは先輩に聞けば教えてくれますし、少しずつ経験も増えてきたので、自信を持って対応できるようになりつつあります。最近では月一回の定例会でお客様を訪ねての情報共有も一人で行っています。

「強み」は「向上心」かも知れない。

先日は「顧客情報に『年齢不明』が多い原因を調べて欲しい」というご要望をいただきましたので、調べてみると、旧システムから移行した顧客データに生年月日の情報が欠けているものが多いことが分かりました。そこで、「画面にひと工夫加えて、店舗スタッフが顧客対応時に誕生日を確認しやすくしましょう」という提案をして、改善しました。ひと月半ほど経過した時点で確認すると、「年齢不明」が劇的に減少。結果を出せたことを実感した瞬間でした。

こうした対応を積み重ねることが成長につながり評価につながると思う一方で、まだまだ自分には足りないものが多いとも感じています。そんな話を上司や先輩にすると、「それは向上心がある証拠」と言われます。もしかすると、私の強みは「向上心」なのかも知れません。

Entry | ORCで働く

わたしたちは、共に未来をつくる仲間を募集しています。