新人ブログ

Aチームの取り組み/第二回

orc_hpblog_10_IMG_5507

オープンリソースの新人プロジェクトブログへ、ようこそ。

今回のブログは、Aチームの取り組みについて紹介したいと思います。
前回は、開発を進めるアプリのアイデアを「献立アプリ」に定めたことと、
この「献立アプリ」をどうやって開発していくか、具体的な計画を立て始めたこと、
そしてデータベースを一から構築するのではなくAPIを活用することにしたことを、
それぞれご紹介させていただきました。

誕生日などのイベント時に適した献立を、提案するアプリ。
そのアプリの名称は、「マルレ」に決定しました。
語源は、「イベントに『丸』なレシピを提案する」ということです。

アプリの名前が決まってくると同時に、
その中身もだんだんと詳細が決まってきました。

たとえば、アプリの画面の配色について。
全体的に「暖色」系の色合いでまとめることになりました。
なぜかというと、料理がより美味しく、映えるように見える配色が暖色系だ、
ということに、似通ったアプリを調査する中で気づいたようです。

それと、起動時の画面のトップには、
アプリのアイコンは背景を一色でデザインしてシンプルにすること。
やはりシンプルなデザインの方がわかりやすくていい、と意見がまとまりました。
これらの意見をもとに、ユーザーインターフェイスのデザイン案をつくってみる、
ということになりました。

画面レイアウトも、いろいろ検討を重ねたようです。
「トップから季節別の検索画面に遷移した際、
画面を大きく十字に分割したらいいのでは」とか、
「iPadの画面は大きいので、大きくざっくり配置した方がいいのでは」など、
いろんなアイデアを出し合っていたようです。

また想定されるイベントも、

・女子会 ・誕生日 ・結婚関連 ・同窓会 ・打ち上げ
・喜寿などのお祝い ・オフ会 ・鍋パーティー ・宅飲み ・失恋
・定年退職 ・国際交流 ・引っ越し ・出産

などと列記してみたりもしました。

しかしながら、当初はiPadをデバイスとして想定していたのですが、
途中からiPod touchやiPhoneを想定したアプリにしよう、
ということにプロジェクト全体の方向性が変更となったため、
これまで検討してきた内容に大きな変更が必要になるかどうか、
という点でプロジェクトのメンバーは少々あたふたしたようです。

でも結局、「マルレ」は大きな仕様変更をせずに進めよう、
ということにまとまったので、メンバーたちはひと安心、といった様子でした。
orc_hpblog_10_IMG_5527

また開発時間がどれくらいかかるか、もシミュレーションしてみました。
企業が開発する場合は1〜3カ月、個人では1日〜2・3週間と考えられ、
自分たちが通常業務と平行しながら開発に当てられる時間を算出したところ、
業務に支障をきたさないように開発を進めるならば、
想定している機能を縮小した方がいいかもしれない、という結論に達しました。
もちろん、やってみないと何とも言えない部分はありますが、
できるだけ初期段階で想定した機能を全て盛り込めるように努力しよう、
ということでメンバー全員が一致したようです。

それに「マルレ」で活用するAPIについても、
海外のレシピサイトが提供するAPIを使おうと当初は想定していましたが、
こちらのAPIの場合はある一定の条件を超えると有料となるため、
それが現実的な料金となるかどうかの検討が必要だったり、
これ以外に無料で利用できるAPIがないかを調べてみたりと、
より具体的に「マルレ」を形にするために必要なものが、
だんだんと見えてくるようになってきた次第です。

「マルレ」チームのメンバーたちが、
アプリを形にしていくためにさまざまな努力を続けています。
そんな彼らの努力の結晶を、
次回は中間報告レビューで発表する様子をご紹介できればと思います。

Entry | ORCで働く

わたしたちは、共に未来をつくる仲間を募集しています。