新人ブログ

Bチームの取り組み/第一回

orc_hpblog_08_IMG_5339

オープンリソースの新人プロジェクトブログへ、ようこそ。

前回のブログでは、
新人プロジェクトに臨む新入社員8名が2チームに分かれ、
まずはAチームがどんな取り組みをしているのかを報告させてもらいました。
今回はもう一つのチームである、Bチームの取り組みについて、
ご紹介させていただくことにします。

改めてですが、Bチームを構成するメンバーは以下の通りです。

T.R 立教大学経営学部卒
Y.T 芝浦工業大学工学部卒
H.O 東京電機大学理工学部卒
M.S 東京工科大学メディア学部卒

彼らが開発しようとしているアプリのアイデアは、
「撮影した写真から星座を生成するアプリ」です。
チーム毎に定期的な会議を開催し始めた当初の頃は、
まだこのアイデアをどうやって具体的に形にするかは、
ぼんやりとしかイメージができていない状態でした。

なので、彼らがまず最初に取り組んだことは、
「チームのリーダーを決めること」と、
「スケジュールの大枠を決めること」、それに、
「アプリの機能を明確にさせること」でした。

まずチームリーダーは、T.Rが務めることになりました。
他のメンバーは、リーダーをしっかりサポートすることと、
会議の議事録を持ち回りで作成することを決定しました。

スケジュールの大枠も、以下のように決まりました。

5月:アプリの要件定義を完了
6月:各種調査と情報共有 外部設計を前半に、内部設計を後半に完了
7月:iOS・MacOS・Objective-Cについて学習 コーディング開始
8〜10月:コーディングの継続とミーティングの定期開催
11〜12月:アプリのテスト・検証
12月半ば頃:リリースに向けた審査

そんな中、まずはしっかりやらなくてはいけないこととして、
彼らは「要件定義」に取り組むことにしました。
なんとなくアプリのイメージがぼんやりとしている状態なのは、
この「要件定義」がまだ固まってないからだと彼らは感じており、
まずはアプリに搭載する機能のラインナップを固めることにしました。

彼らが搭載を想定した機能とは、

・被写体を撮影する機能……星座にしたい写真を撮影する機能です
・画像を取り込む機能……撮影した写真をアプリに取り込む機能です
・画像を加工する機能……写真をもとに星座へ加工する機能です
・加工した画像を編集・配置する機能……星座を編集・配置する機能です
・SNS投稿機能……TwitterやFacebookに星座を投稿する機能です

になります。
なんだかこう書くと盛りだくさんな感じがしますが、
果たして全部の機能を搭載させることができるのでしょうか?

orc_hpblog_08_IMG_5365

そしてさらに、企画をまとめて先輩社員たちも参加するレビューで発表する際に、
「なぜ星座を生成するアプリなの?」という疑問に答えられるよう、
市場調査をした結果もまとめることにしました。

ターゲットとして想定するのは、15〜20歳の学生。
また写真・動画関連のアプリは人気ジャンルであること。
同時に写真・動画関連のアプリの中で星座を扱ったアプリはほとんど例がなく、
競合するアプリがないことなどが、調査で判明しました。

さて、これだけいろいろと準備を進めてきた彼らが、
実際にどんなプロセスでアプリの開発を進めていくのか。
次回のブログでは、アイデアをより具体的な形にしていく彼らの取り組みと、
その内容を発表するレビューに向けた準備のプロセスをご紹介したいと思います。

Entry | ORCで働く

わたしたちは、共に未来をつくる仲間を募集しています。