新人ブログ

Aチームの取り組み/第三回

orc_hpblog_15_IMG_6230

オープンリソースの新人プロジェクトブログへ、ようこそ。

先日、中間報告レビューが行われたことは、
こちらのブログでも報告させていただきました。
レビュー終了後、8名の新人たちは正式な配属が決定し、
通常業務を行いながら新人プロジェクトを進めていく、
という状況にもなりました。

今回のブログは、レビュー後の各チームの取り組みを報告したいと思います。
まずはイベント時の献立提案アプリ「マルレ」の開発を進めている、
Aチームの進捗状況からご報告させていただきます。

レビュー後、彼らが最初に取り組んだのは、
開発プロセスのフェーズ分けとそのスケジューリング、
そしてメンバーの役割分担でした。

彼らはまず、アプリの画面遷移毎に開発フェーズを分けることにしました。

1. マルレ読み込み画面
アプリ「マルレ」を読み込んでいる際に表示する画面。
次の画面へ自動遷移する機能を搭載する。

2. 検索条件選択画面

「恋の記念日」「誕生日」などイベントの種類と、
「なごやか」「わいわい」などの雰囲気の種類を選択する画面。
各項目の複数選択は不可とし、「次へ」ボタンで次の画面へ遷移する機能を搭載する。

3. 献立一覧画面

条件に応じた献立を複数の料理画像を組み合わせて表示させる画面。
フリックで献立を切り替えられる機能と、
献立をタップした際に次の画面へ、「戻る」ボタンで前画面へ遷移させる機能を搭載。

4. 献立詳細画面

タップした献立の料理の詳細を表示する画面。
料理名をタップした際に楽天レシピから情報を表示させる機能と、
「最初に戻る」ボタンで検索条件選択画面(条件は保持)へ、
「戻る」ボタンで前画面へ遷移する機能を搭載する。

画面遷移を4つのフェーズに分け、それぞれ開発する機能をまとめた彼らは、
7月中には主に画面を遷移させる機能と料理画像を表示させる機能について、
開発を完了させよう、というスケジュールを立てました。

当初は料理画像を表示させる機能の開発に向けて、
APIの知識や技術についてY.K、Y.S、Y.Oの三人で調査を担当し、
I.Yが画面遷移のプログラミングを行うことにしていましたが、
前述の三人はAPIに関する基礎知識についてかなり不足がある、
と調査を通じて痛感したようで、担当を入れ替え、
学生時代にプログラミングを専門学校で集中的に学んできたI.Yに、
APIに関わる部分を担当してもらうことに変更をしました。

またチームリーダーを担っているY.Kは、
正式配属の決定後、通常業務がかなり忙しい状況になったため、
新人プロジェクトの開発実務よりもチームの進捗状況の確認や報告書の作成、
設計書・定義書などの作成といったリーダー業務に特化させよう、
ということも全員での話し合いによって決定したそうです。

orc_hpblog_15_IMG_6259

少しずつではありますが、
「マルレ」の完成に向けてチームのメンバーがお互いに協力し、
互いのスキルや性格などへの理解を深めながら、
それぞれができることを進めていくという、
チームワークができてきたような雰囲気を感じさせてくれます。

次回の「Aチームの取り組み」では、
さらに開発が進んだ状況を報告できるといいな、と思っています。

Entry | ORCで働く

わたしたちは、共に未来をつくる仲間を募集しています。