新人ブログ

Aチームの取り組み/第四回

orc_hpblog_17_IMG_6225

オープンリソースの新人プロジェクトブログへ、ようこそ。

今回は各チームのプロジェクト進捗状況を報告するシリーズの中で、
Aチームの取り組みについてご紹介したいと思います。

これまでこのブログを継続してご覧いただいている方はお分かりでしょうが、
改めてAチームが開発を進めているアプリのことを紹介しますと、
彼らが取り組んでいるのは、イベント時の献立を提案するアプリ「マルレ」です。
前回の「Aチームの取り組み」では、
アプリの画面遷移毎に開発フェーズを分け、
チームのメンバーがそれぞれ担当するフェーズを振り分けた、
ということをご紹介させていただきました。
今回はいよいよ実際に開発が始まり、
各メンバーがどんな風に割り振られた役割をこなしていっているのか、
その詳細をご紹介したいと思います。

全般的に言うと、
各メンバーとも開発にはなかなか苦労をしている、という印象です。

前回のブログでもご紹介しましたが、
画面遷移のプログラム開発をY.SとY.Oが、
レシピサイトから情報を引っ張ってくるAPIの使い方の検討がI.Yが、
プロジェクト全体の進捗管理や報告書などの書類作成をY.Kが、
それぞれ担当することになりました。

画面遷移のプログラムは、おおむねうまくできたのですが、
一点だけ、プログラムのロード画面から、
「マルレ」のトップ画面とも言うべき検索条件入力画面への自動遷移が
なかなかうまくいかず、Y.SもY.Oも苦労をしたようです。
しかしながら最終的には、自動遷移がうまくいくようになり、
予定していた画面遷移は全て完成したということです。

レシピサイトから情報を引っ張ってくるAPIの使い方については、
使い方そのものを理解するまでになかなか時間がかかったようです。
それでもある程度の使い方を理解できたI.Yが、
いきなりレシピサイトから情報を引っ張ってくるのではなく、
郵便番号から住所を表示させるサンプルを作成し、
おそらくこの調子ならレシピサイトから情報を引っ張ってくる、
というAPIの機能をつくることもできるだろう、と判断をしました。

orc_hpblog_17_IMG_6237

またそれぞれの開発したプログラムソースを、
メンバー同士や先輩社員たちと共有して、
プログラムの結合を効率的に行ったり、
先輩からの指摘や意見をもらえるようにしようと、
ソースを共有できるウェブサービス「GitHub」を活用することにしました。

さらには今後、各メンバーが担当する役割を、
以下のように分担しました。

Y.O …… アプリをスタートした際の初期化機能の実装
Y.S …… ユーザーの操作からAPIを呼び出す機能の開発
I.Y …… レシピサイトから画像URLを取得する方法の調査・理解・機能開発
Y.K …… 設計書・進捗管理台帳の作成

APIの扱いに苦労をしている感じはありますが、
ここがクリアできれば、「マルレ」の完成に向けて、
大きな一歩が踏み出せるような印象を受けます。
次回の「Aチームの取り組み」では、
さらに開発フェーズが先に進んでいることを
ご報告できるのではないか、と思っています。

Entry | ORCで働く

わたしたちは、共に未来をつくる仲間を募集しています。