新人ブログ

Bチームの取り組み/第六回

orc_hpblog_26_IMG_5365

オープンリソースの新人プロジェクトブログへ、ようこそ。

今回はアプリ「SPiCa(スピカ)」の開発に臨む、
Bチームのプロジェクトの進捗具合をご紹介したいと思います。

前回のブログでは、Bチームが「共有」に苦戦している、
という話を紹介したかと思いますが、
「GitHub」の運用がうまく軌道に乗ったせいか、
「共有」についてはかなり改善できている印象を受けました。

またFacebookのBチーム専用掲示板を設置したことにより、
各メンバーがそれぞれ開発に取り組む機能について、
どんなところで困っているのか、を共有しやすくなったようです。
中でもM.Sが開発に取り組んでいるパレットの表示機能については、
M.S自身がかなり苦戦を強いられているようでしたが、
その旨をFacebook掲示板に書き込むことで意見を交せたことで、
解決の道を見出すことができたようでした。

しかしながら、技術的な課題は依然、いろいろとあるようで。

「マルレ」のAチームの場合はそれぞれ開発してきた機能を統合し、
そこで初めて露見してきた問題がいろいろと出てきたのですが、
Bチームではメンバー各自で開発を進めている機能の実現を目指すプロセスで、
それぞれ問題が出てきている様子です。
先に述べたM.Sが開発を担当する星の色や大きさ、輝度などを調節する
パレット表示の機能については、結局当初から開発を進めた形では実現が難しく、
改めて違った形に仕様を変更して開発することにしたために、
中間報告レビューまでに間に合わせることができるかどうか、
という時間との闘いの様相を呈してきてしまいました。

またY.Tの担当している星と星との間に線を引く機能も、
相変わらずなかなかの苦戦を強いられているようでした。
しかしながら中間報告レビューまでには、実装を間に合わせられそう、
という報告がチーム会議の中でなされ、
メンバーはほっと胸をなで下ろしている様子でした。

他にも細かい技術的な問題が、いくつか。

「SPiCa」のトップ画面からカメラを起動して撮影し、
そこから星を配置する画面に遷移する際にえらく時間がかかる、とか。
あるいは写真と星座を合成する画面でなぜか写真が回転してしまう、とか。
さらには合成時に写真と星座のサイズがうまく合わない、とか。
こうした細かな技術的な問題は、中間報告レビューの後に改善を施し、
さらには機能を全て統合した上でテストに入ろう、
ということが中間報告レビュー前の最後のチーム会議で確認されました。

あとは、中間報告レビューでどんな報告をするか、
それぞれの報告内容をまとめることも確認。
Aチームとともにレビューへ臨む準備を進めることとなりました。

細かな修正点はあるものの、BチームもAチームと同様、
ある程度のレベルまではアプリを完成させられるメドがついてきた、
というのが率直な印象です。
中間報告レビューで、レビューを聞く人たちの反応がどんなものになるか、
今からすでに楽しみになってきました。

Entry | ORCで働く

わたしたちは、共に未来をつくる仲間を募集しています。