新人ブログ

Bチームの取り組み/第八回

orc_hpblog_37_IMG_7321

オープンリソースの新人プロジェクトブログへ、ようこそ。

今回は「●チームの取り組み」シリーズでいきましょう。
このシリーズ、これまでAチーム、Bチームの順に取り上げてきましたが、
今回はBチームの進捗状況を先にご紹介したいと思います。

前回の「Bチームの取り組み」では、Aチームにやや水を開けられている、
という話をご紹介しましたが、
Bチームの方もようやくテストフェーズへ進める段階まできた感じです。
それぞれが開発を担当してきた機能の単体テストを行いながら、
出てきたバグの修正を行うなど微調整を進め、
同時に機能の統合を進めている、という状況のようです。

リーダーのT.Rが中心となり、
機能の統合によって現れてきたバグへの対応を行っています。
特に開発の完了が最後になった星の色や大きさなどをユーザーが選択する
パレット機能を統合することで現れたバグがいくつかあり、その調整を進めています。
またデザインとインターフェイス担当のH.Oが、
星の色や大きさなどを選択する部分に色の変化を加えるなど、
ユーザビリティーを高めるための調整も行っています。

ユーザビリティーに関しては、かなり細かい部分までこだわっています。
前述のパレット機能の中で、星の大きさをユーザーが選択する部分があるのですが、
その三種類の大きさの表記をどうすればいいか、
定例のミーティングで膝を突き合わせて議論を闘わせたりもしていました。
「大」「中」「小」がいいのか、はたまた「small」「middle」「large」がいいのか。
ミーティングの場でソースを書き換え、参加メンバーの目で確認して、
最終的には「small」「middle」「large」の英語表記がいい、ということに落ち着きました。

また星と線を配置する画面からパレット画面に切り替える際のボタンの表記も、
当初は「設定」としていたのですが、それでいいのか、という議論もされました。
さらには星の大きさが「small」のものが小さすぎるのでは?という意見や、
パレット画面のデザインをもっと見やすくした方がいいといった意見など、
実に細かいところまでメンバー間で議論がなされ、
よりよいアプリに仕上げようという強い意欲が感じられました。

今後は最終報告レビューに向けて、統合の完了を早期に目指すとともに、
テスト定義書や設計書の作成やそのフォーマットの統一など、
最終的な仕上げ段階へと駒を進めようとしているところです。

最終報告レビューの開催は、一月中を予定しています。
Bチームのメンバーが細かなところまでこだわったアプリ
「SPiCa」がどんな仕上がりになるのか、ますます楽しみになってきました!

Entry | ORCで働く

わたしたちは、共に未来をつくる仲間を募集しています。