新人ブログ

最終レビュー報告/前編

orc_hpblog_40_IMG_8701

オープンリソースの新人プロジェクトブログへ、ようこそ。

いよいよです。そう、いよいよなのです。
2014年度の新人プロジェクトの総決算、最終レビューが行われました。
これまで中間報告レビューも何度か開催されてきましたが、
最終レビューは社長の小倉をはじめ、役員クラスの方々や、
このプロジェクトに協力いただいた外部の方々、
メンター役となった先輩社員たちなど、多彩な顔ぶれが揃いました。
「マルレ」チーム(Aチーム)と「SPiCa(スピカ)」チーム(Bチーム)が、
それぞれこの日のために準備をし、各チームがどうやってアイデアを出し、
どのようにアプリの開発を進めてきたのか、そしてプロジェクトを通じて何を学んだか、
を発表する場として、最終レビューはスタートしました。
今回のブログは、先に発表を行った「SPiCa」チームのレビューについて、
報告させていただこうと思います。

このブログを継続的にご覧いただいている方はお分かりかと思いますが、
「SPiCa」は撮影した写真から星座を生成するアプリです。
まずレビューの冒頭で、なぜこのようなアプリのアイデアを思いついたのか、
チームリーダーのT.Rを中心に発表を行いました。

orc_hpblog_40_IMG_8694

続いて、どのようなスケジュールで新人プロジェクトを進めていったのか、
M.Sからの発表がありました。
新人研修の中で、アプリのアイデアを考えるきっかけとして思考ゲームを行ったり、
実際に市場ではどんなアプリが出回っているのかを調査するなど、
プロジェクトの始めの頃に行ったことを振り返る機会となりました。

orc_hpblog_40_IMG_8721

さらには、プロジェクトの役割分担についての説明がありました。
T.Rが星の配置を、Y.Tが線の描画を、
H.Oがインターフェイスのデザインやカメラ機能の部分を、
そしてM.Sが星の大きさや色などを設定する画面を、
それぞれ担当したことが発表されました。

orc_hpblog_40_IMG_8728

「開発の苦労と課題」と題された項目では、
主にチームワークの難しさに直面したことが語られました。
メンバー間の連携がうまく取れていないことに自分たちで気づき、
些細なことでも報告しあうようになった、というのは、
まさに通常業務にも通じることが新人プロジェクトで学べた、と言えるでしょう。

orc_hpblog_40_IMG_8746

「新人プロジェクトで学んだこと」として挙げられた項目は、
「システム開発の流れ」や「MacやObjective-Cでの開発知識」といった技術的な面と、
「複数人での開発の難しさ」や「メンバー間での連携の大切さ」といった
チームワークの面の二つに集約されました。
研修の一環とはいえ、iPhoneアプリという一つのシステムを仕上げるために、
複数のメンバーで連携して開発を進めたのはいい経験になった、ということでしょう。

orc_hpblog_40_IMG_8772

ひと通りのレビューが終わり、
参加者が実際のアプリに触れてみる、という時間が設けられました。
その仕上がりのよさに、多くの参加者から「おお!」という感嘆の声が聞かれました。

orc_hpblog_40_IMG_8738

その後、参加者の方々からいくつかの質問が寄せられました。
「なぜ星座にしたの?」
「一筆書きではなくタップで星座を生成することにしたのはなぜ?」
といったアプリそのものに対する質問もありましたが、
「今回のプロジェクトの経験で、たとえば在宅で仕事をした場合に有効な
コミュニケーションの方法になりそうな手法はあった?」といった、
通常業務のオペレーションで参考になりそうなことがあったかどうか、
という内容の質問も寄せられていました。

orc_hpblog_40_IMG_8763

そんな「SPiCa」チームのレビューを受け、
参加者の中からさまざまな感想が寄せられました。
それらの感想に概ね共通していたのは、
「アイデアが面白い」「企業プロモーションに活かせるかも」
「一年目でこれだけのアプリを仕上げられたのは感心した」など、
彼らのがんばりを賞賛する言葉が連なっていました。

orc_hpblog_40_IMG_8769

最後に寄せられた社長の小倉の総括では、
「自分たちの発想で、自分たちでつくることができたことはすばらしい」
「チームワークを大事にすることの難しさを学べたことがよかった」
というお言葉をいただきました。

次回のブログでは、「マルレ」チームのレビューを報告したいと思います。
どうぞお楽しみに!

Entry | ORCで働く

わたしたちは、共に未来をつくる仲間を募集しています。