新人ブログ

新人プロジェクト・メンバー紹介/第四回・M.N編

orc_hpblog_07_IMG_9196

オープンリソースの新人プロジェクトブログへ、ようこそ。

今回も「2015年度新人プロジェクト・メンバー紹介シリーズ」でいきましょう。
四回目の今回は新人の中でも紅一点青山学院大学社会情報学部出身のM.Nさんです。
彼女がどんなプロセスでORCへの入社を決めたのか、詳しくうかがってみましょう!

では今回もインタビュー形式で、どうぞ!

インタビュアー(以下、イ):今日はよろしくお願いします。ご出身の社会情報学部というのは、どんな学部なのでしょうか?

M.N(以下、N):いわゆる「文理融合」の学部ですね。心理学を学んでみたりとか、インターネットやプログラミングを学んでみたりとか、広く浅く学ぶようなところです。

イ:ご出身は関西とうかがいましたが、あえてこの大学学部を選ばれたんでしょうか?

N:はい、この学部に入りたい、と思って進学しました。私の代からiPhoneを全学部生に配布することになっていて、新しいモバイル端末に積極的に取り組もうという姿勢があったのが魅力だったのと、関西を出て一人暮らしがしたかったのが大きな理由ですね。

イ:大学ではどんなことを学んでこられたのでしょう?

N:行動経済学を学んでいました。統計学や学習心理といったものを学んでいましたね。卒論では、教育にも関心があったので、高校数学の教材をつくろうという課題に向かって、プログラミングに近いことをやりました。

イ:プログラミングにもそもそも興味を持たれていたのでしょうか?

N:そうですね、プログラミングにも興味があったので、この学部を選んだというのもあります。

イ:就活ではどんな取り組みをされていたのでしょう?

N:SEという職種と、ネット系の広告代理店を中心に企業選びをしていました。その中でもいわゆる大企業ではなく、中小規模の企業を選んでいましたね。

イ:なぜ中小企業を選んでいたのでしょう?

N:個人的なイメージですが、あまり大企業が好きではなかったんですね。何となく、自分が何をやっているかがわからなくなりそうな印象を持っていて、規模が小さければ会社全体のことがわかるかな、と感じていました。

イ:そんな中でORCを選んだ理由は?

N:「自分ブランドをつくろう」というフレーズが目に止まったのが、きっかけです。説明会に参加してよい印象を持てたことと、4月くらいに内定をいただいた際、採用担当者の方が「こないだ花見があって、翌日に新人が眠そうにしていた」とのんびりした話を聞かせてもらえて、何だか自分に合っていそうだ、と感じられたのが大きかったとですね。

イ:実際に入社してみて、どうでしたか?

N:率直に、自分に合っていると感じています。自分なりに考えていることや意見があったりしますが、それをちゃんと聞いてくれるイメージがあり、一人ひとりを尊重してくれる雰囲気があると思っています。

イ:新人プロジェクトは、いかがでしょう?

N:他の研修も有意義ですが、新人プロジェクトは全く違うベクトルからものを考えられる機会になって面白いです。「自由に考える」というのは、自分の考えていることが技術的にできることなのかもわからないし判断が難しいですが、それを楽しむようにしています。

イ:ご自分の感性を大切にされている印象を受けるインタビューでした。今日はどうもありがとうございました!

いかがでしたでしょうか。
大学の選択就活への取り組み方にも自分らしさを大切にしている様子が
うかがえるM.Nさんですが、新人プロジェクトでの活躍も大いに期待できそうです。
次回は「集合研修報告」シリーズの第三回をお送りしたいと思います!

Entry | ORCで働く

わたしたちは、共に未来をつくる仲間を募集しています。