新人ブログ

新人プロジェクトメンバー・個別インタビュー/第二回・K.S編

orc_hpblog_20_IMG_0297

オープンリソースの新人プロジェクトブログへ、ようこそ。

新人プロジェクトのメンバーに個別のインタビューを試みるシリーズ、
今回は第二回目となります。

前回のM.Kくんに続き、
今回は二人目の新人プロジェクトメンバーにインタビューをしてみました。
K.Sくん(東京大学大学院新領域創成科学研究科)に登場いただきましょう。
今回もインタビュー形式で、どうぞ!

インタビュアー(以下、イ):今日はよろしくお願いします。まずはどこの部署に配属となったか、からお聞きしましょう。

K.S(以下、S):私は事業開発2部になりました。今は主に、サイト構築の仕事を担当させてもらっています。

イ:サイト構築とは、具体的にどんな業務なのでしょう。

S:デザイナーズマンションやリノベーション物件といった特徴ある賃貸物件を扱っている賃貸物件情報サイトの構築業務です。新人プロジェクトを一緒にやっているAチームのD.Tくんと同じ仕事になりますが、私は主に会員登録の機能を構成するAPIの開発に携わっています。

イ:ということは、前のインタビューでも「大好き」と言っていたプログラミングをやっているわけですか?

S:はい、そうです。使い方がわからなかった関数のことが「こういう仕組みだったのか」と理解でき、使いこなせるようになったりするのが、楽しいですね。

イ:業務量は多くはないですか?

S:求められている要件が変更になったり、自分が勘違いしていたりで大変な時はあったりしますが、決して業務量が多くてしんどい、と感じることはありません。むしろ自分の中では、プログラミングができることを楽しんでいる感じです。

イ:新人プロジェクトの方はどうでしょう。

S:リーダーのM.Kくんから任されているのは、主にアプリの機能の「制御」部分です。メモにかけた「鍵」を解錠していいかどうかの判断をする部分や、画面をタップしたらメモの入力画面を閉じたり開いたりする「動作」の制御部分などですね。

イ:まさにプログラミングの部分ですね。

S:その通りです。解錠機能のところは、M.Kくんからは「とてもつくりこまれている」と評価してもらっています。

イ:通常業務との両立は、うまくいっていますか?

S:通常業務とは別に時間を取って、たとえば自宅で作業したりするわけですが、ただただぼーっとしてみたり、眠かったりして思ったように時間が使えない、というのはありますね。自宅にパソコン専用の机がなくて、食事するような机と共用にしているせいか、「さあ、やるぞ」という気持ちになかなかなれなかったりして(笑)。

イ:それは、パソコン専用デスクを買いましょう(笑)。相変わらずプログラミング大好きなK.Sくんの仕上げるアプリが楽しみです。今日はありがとうございました!

いかがでしたでしょうか。
大好きなプログラミングを存分に楽しんでいるK.Sくんの様子が、
ひしひしと伝わってくるインタビューになったような気がします。
次回もBチームのメンバーであるM.Nさんにインタビューします。お楽しみに!

Entry | ORCで働く

わたしたちは、共に未来をつくる仲間を募集しています。