新人ブログ

新入社員紹介/第一回・T.T編

orc_hpblog_04_IMG_1692

オープンリソース(ORC)の新人プロジェクトブログへ、ようこそ。

2016年度の新入社員は、なんと22名!
彼らを紹介していくシリーズが、今回から始まります。
一人ひとりのキャラクターが見えてくるような内容にしたい、
と思っておりますのでどうぞご期待下さい。
一回目の今回は、専修大学ネットワーク情報学部出身のT.Tくん。
「これまでの人生、主体的な選択をしてこなかった気がする」
と哲学的なことを言う彼のキャラクターを、どうぞ感じてみて下さい。

インタビュアー(以下、イ):ずっと野球をやってきたそうですね。

T.T(以下、T):そうなんです。小学校から大学まで、ずっと。出身は群馬なのですが、高校は甲子園に何度も出場したことのある県立高校でした。

イ:それだけ続けてこられたということは、野球が大好きだ、と。

T:それが自分の中ではそれほどでもなくて、たとえば休日になったら「野球だ!」とかなるような感じもないんです。ただ、それなりにできるからやり続けてきた、みたいな。

イ:しかしそれだけ「できる」ということは、才能があるんじゃないですか。

T:いや、そこまでは力がないと思ったので、大学では軟式野球のサークルに入ったんですよね。ほんとは「バスケがやりたい」なんて思っていたんですが、結局最後の方にはサークルの代表も務めていました。

イ:人望があったんですね。

T:どうなんでしょう? 振り返ってみると、これまでの自分の人生は「絶対にこれだ!」という選択をしてきたことがない気がしていて、野球も自分がどうしてもやりたいわけではなく、まわりが「できるんだからやろうよ」と言うからやってきたという、他力本願なところがあったような気がします。

イ:では就活はどうだったんでしょう?

T:これも最初は、まったく違う業界を志望していたんですよね。学生時代、何が好きだったかと振り返って、パチスロにハマっていたことがあったので、パチスロ機のメーカーに行こうと思っていたんですよ。

イ:それがなんで、IT業界に?

T:結局、志望した業界からはあまり芳しい結果が得られなくて、さてどうするか、と考えた時に、プログラミングとかネットワークの知識とかを深められる会社で働けば、ひょっとしたら将来、パチスロ機の開発にも関わることができるかもしれない、なんてヨコシマな考えでIT業界へ目を向けたんです。

イ:その中で、ORCに目が向いたのはなぜでしょう。

T:求人サイトで、「大学の先輩がいる企業」とおすすめされた中に、ORCがあったんです。それが最初のきっかけでしたが、IT業界の中で一番最初に接点を持ち、最初に内定をもらえたのがORCでした。

イ:運命的なものを感じますね(笑)。

T:そうですね。そう考えると、もしかすると今まで野球を続けてきたことも、まわりに導かれてそうなった、という運命的なものだったのかもしれない、とも思えますね。

イ:きっとこれからのORCでの社会人生活でも、まわりに導かれていると感じることに遭遇するかもしれませんね。今日はどうもありがとうございました!

いかがでしたでしょうか?
ORCに内定をもらい、入社したことで新たな気づきがあった様子のT.Tくんですが、
これから先の人生でさらに多くの気づきがあるといいですね!

Entry | ORCで働く

わたしたちは、共に未来をつくる仲間を募集しています。