新人ブログ

2017年度新入社員座談会/第二回・大卒_文系男子編

オープンリソース(ORC)の新人ブログへ、ようこそ。

2017年度の新入社員を紹介する「新入社員座談会」シリーズ、
第二回目の今回は文系出身男子3名に登場してもらいました。

orc_hpblog_02_IMG_3520
Hiroki.Y  (左)/学習院大学 文学部 心理学科卒
Yuutaro.H  (右)/早稲田大学 社会科学部 社会科学科卒
orc_hpblog_02_IMG_3521
Shinji.T/上智大学 経済学部経済学科卒

文系出身の人がなぜIT業界に興味を持ち、どんな就活をして、
ORCにたどり着いたのか、紐解いていきたいと思います。では、どうぞ!

インタビュアー(以下、イ):Shinji.TさんとYuutaro.Hさんは、通常の新卒入社の人たちよりやや年齢が上ですよね (笑)。

Shinji.T(以下、Shinji):そうなんですよ、現在27歳なもので…。大学進学の際に当初は医学部を志望していて、一浪して目指していたんですが、途中で「なんで医学部志望なんだっけ?」と考えるようになって、方向転換した経緯があります。

Yuutaro.H(以下、Yuutaro):医学部志望だった、というだけでなんかカッコいいですよね。私は26歳なのですが、大学生活が長かった理由は「競馬」なんですよね。

Hiroki.Y(以下、Hiroki):え、ギャンブルにハマり過ぎていたってこと? (笑)

Yuutaro:いやいや、ギャンブルとしての競馬も好きでしたけど、自分は競走馬の育成に関心が強かったんですよね。だから一度大学を中退して、競走馬育成のための学校へ通った、という…。

Shinji:そっちの方がカッコいいじゃない。自分なんか医学部進学を諦めた後、「文系学部の方が潰しがきく」と考え、中でも経済学部は一番きくんじゃないかと思ったのが理由ですね。上智だった理由は特になくて、「受かったから」というのが正直なところで。なんとも主体性がないというね (苦笑)。

Hiroki:自分も心理学を選んだ理由は、深くはないですよ。大学進学の時に興味を持てるものって何だろうと考えている中で、「心理学って何だ?」と思ったのが一つのきっかけだったというだけで…。学校も、どうしても学習院でないといけなかったか、というとそうでもない (笑)。

イ:Yuutaroさんが早稲田を選んだのは何か理由があったのでしょうか。

orc_hpblog_02_IMG_3523

Yuutaro:「カオス」を感じたからですかね (笑)。他の大学より学生の数が多いから、いろんな人がいるだろうな、と思って。本当は留学が必須の国際教養学部に行きたかったのですが、願いは叶わず、それでもいろんなことを学べそうだという理由で社会科学部を選びました。

イ:そこから就活で、IT業界が視野に入ってくるのはなぜでしょう。

Yuutaro:自分の場合はインターンで競馬関連の仕事に興味を持った際、そういう仕事に就くと馬券が買えなくなるということがわかったので、そっちの方向は諦めました。

Hiroki:やっぱり、馬券は買いたかったんだね (笑)。

Yuutaro:それもそうだけど、競走馬の育成に関われないのに競馬関係の仕事に就いてもつまらないな、と思って。そこで別の業界を考えた時に、アルバイトをしていたスーパーで、レジや在庫管理などのシステムに関心を持っていたので、自然とIT業界が視野に入ってきた感じでしたね。

orc_hpblog_02_IMG_3525

Hiroki:私も最初はアルバイトで塾講師をやっていたので、教育業界を視野に入れていました。その中で登録していたエージェントの人と相談しているうちに、自分が心理学をやっていて、統計分析でパソコンを扱っているという話をしていたら「IT業界もありなんじゃないか」と話をされたのがきっかけでした。

Shinji:私はもともとORCで働いている一年上の先輩が、知り合いだったんですよね。就活自体は食べることが好きだったので食品商社を最初は志望していたのですが、大手はもちろんのこと中堅・中小でもエントリーシートの段階で全く通らなくて (苦笑)。ORC入社後にそのエントリーシートを先輩に見てもらったら「これじゃ通るわけないわ」と突っ込まれたんで、逆に納得してしまったんですが (笑)。

イ:知り合いが先輩にいるというのは、安心感もあるよね。

Shinji:そうですね、採用責任者の方も「ああ、彼の知り合いね」というところから面談をはじめて下さいますし、ぶっちゃけた話をさせてもらえるようなフランクな雰囲気をつくって下さいましたし。採用責任者の方には面接のアドバイスなんかも丁寧にしていただいたので、本当に感謝しています。

イ:お二人は、ORCに決めた理由は何だったのでしょう。

Yuutaro:私の場合は、登録していたエージェントの人に「流通・小売業界向けのシステムをやっているすごいIT企業はないですか」と相談して、紹介されたのがORCでした。アルバイト先のスーパーで、まだまだ流通・小売業界のシステムには改善の余地があると感じていたので、それが自分の手で実現できそうな会社だと感じたのが大きかったと思います。

Hiroki:私もShinjiくんと同じように、知っている人が先輩にいたというのが大きかったですね。ORC以外にも選考が進んでいたIT企業があったのですが、偶然にも、同じ大学・学部でしかも同じゼミにいた先輩が一年上にいると紹介されて、共通点が見出せたのは大きかったです。

イ:お二人には偶然とはいえ知っている先輩が働いていたということが、ORCに決めた理由として大きな影響を与えていたとわかりました。今日はどうもありがとうございました!

Entry | ORCで働く

わたしたちは、共に未来をつくる仲間を募集しています。