新人ブログ

T.Iの進捗報告/第一回

orc_hpblog_12_01

オープンリソースの新人プロジェクトブログへ、ようこそ。

前回に引き続き、今回のブログも新卒プロジェクトメンバー各自の進捗を、
インタビュー形式で紹介するシリーズをお届けします。
今回登場するメンバーは、「飲みのま!」チームの一人、T.Iさんです。
工学院大学情報学部出身で、
プログラミングの基礎からWEBのユニバーサルデザインまで、
「広く浅く学んできた」という彼がプロジェクトにどう取り組んでいるか、
その詳細をご紹介しましょう。

インタビュアー(以下、イ):T.Iくんの正式な配属先はどちらになりましたか。

T.I(以下、I):リテール&サービスドメイン統括部です。プロジェクトで同じチームのT.Kくんと、「さんぽけい」チームのK.KくんとH.Mさんと一緒です。

イ:同期の仲間が一番多い部署ですね。実務の方はどんなことを?

I:配属当初は、新人4人で実務に必要な知識を学ぶ簡単な研修を受けました。その後は大規模な市場の卸売会社向けのプロジェクトで詳細設計書のエクセルファイルを修正する業務に携わり、それから大手百貨店の従業員向けWEBシステムの機能追加をやらせてもらっています。

イ:正式配属からわずか数カ月で、結構いろいろやってますね。

I:はい、とは言っても業務のお手伝いをしているような感じで、足手まといにならないように毎日緊張感を持って臨んでいます。

イ:新卒プロジェクトの方は、どうですか。各自で開発、というフェーズだと思いますが。

I:正直な話、チームの中では遅れを取っている感じです。でも予定している9月中に基本機能を完成させる、という目標は達成できると思います。

イ:基本機能というのは、カクテルの材料を選択して、でき上がるカクテルの名称を表示する、というものでしたね?

I:そうですね、JAVAを使って開発していますが、現状ではソースコードの中にカクテルの材料を記載して、画面へ表示させられるようにしています。

イ:おや、データベースを使って開発するのではなかったですか?

I:基本機能の開発段階では、とりあえずソースコード内への記載でやってみよう、ということになりました。9月中に基本機能の開発を完了できたら、次の段階でデータベースを使ったシステムにすることになっています。

イ:スマートフォンアプリの開発に使うデータベースは、SQLiteでしたよね?

I:はい。マネージャー陣からも「実務で使うことがあるから、ぜひ新卒プロジェクトで取り組んで、慣れておいてほしい」という要望ももらっています。

イ:なるほど、新卒プロジェクトが実務にも活かせる、ということですね。

I:そうなんです。正直、新卒プロジェクトをスタートした頃は、このプロジェクトがどんな役に立つのか、見えないところがあったので、なるほど、こういう形で役に立つのか、と思いました。

イ:少しずつ、着実に前進している感じが伝わってきました。今日はありがとうございました!

いかがでしたでしょうか。
新卒プロジェクトを進める意義を改めて感じるなど、
一歩ずつ前に進んでいる様子がうかがえるT.Iくんの様子に、
頼もしさを感じるインタビューでした。

orc_hpblog_12_02

Entry | ORCで働く

わたしたちは、共に未来をつくる仲間を募集しています。