新人ブログ

飲みのま!チーム集合研修報告/第一回

orc_hpblog_16_01

オープンリソースの新人プロジェクトブログへ、ようこそ。

7名の新入社員による新人プロジェクトがスタートして、約半年。
2つのチームに分かれてそれぞれがスマートフォン向けアプリを開発する、
ということが決まってから、3カ月ほどが経過しました。
7月からメンバー全員の正式配属が決定し、
実務にあたりながらプロジェクトを進めることになり、
それぞれのチームで2週間に1回のペースで「集合研修」を行っています。

今回のブログは、そのチーム毎に行われている「集合研修」のうち、
A.M、T.I、T.Kの3人で構成される飲みのま!チームの集合研修をレポートします。

両チームに共通していることですが、
「9月末までにそれぞれの開発するアプリの基本機能を実装する」
という目標が掲げられています。
飲みのま!チームが開発を進めているのは、飲み会盛り上げアプリ。
その基本機能として想定しているのは、
カクテルの材料を表示して、いくつかを選択すると、
その材料でできるカクテルの正式名称が表示される、
という機能になります。
この機能を、A.M、T.I、T.Kの各自でプログラム開発し、
Androidスマートフォンの実機に搭載して、
9月末に行われるレビューに参加された人たちに実際に触れてもらう、
というところまでを実現しよう、と開発に取り組んでいます。

メンター役を担っている1年先輩のY.Kの指導のもと、
各自で開発したプログラムを持ち寄って、
ソースコードの中身を確認しながら、意見交換をする、
というのが集合研修の大きな目的になっています。
そんな集合研修と各自の開発を続けながら、
彼ら3人がどこまで開発を進められたのか。

orc_hpblog_16_04

結論から言うと、
「3人とも、目標として掲げた基本機能は実装できた」
という状況です。

本来であれば、彼らが開発を目指しているアプリは、
SQLiteを使ってカクテルの素材のデータベースを構築し、
それとアプリを連動させる、というのが最終的な形と想定していますが、
今回の目標はあくまで「材料を選んで、カクテル名を表示する」
という基本機能の部分までということもあり、
データベースの構築までは行っていません。
進捗が早かったT.Kは、少しだけ構築にチャレンジしたようですが、
とりあえず9月末のレビューには、目標達成を報告でき、
実機に搭載した現段階までのアプリを参加者に触れてもらう、
というところまではできそうだ、
というのが今回の集合研修で全員が確認したところです。

orc_hpblog_16_03

レビュー前の最終となった集合研修では、
メンバーそれぞれの進捗状況の確認と同時に、
「『エラー』という表示はやめよう」
「ダイアログには必ず『閉じる』ボタンを実装しよう」
「材料名とカクテル名に漏れがないようにしよう」
といった細かい修正点を洗い出してみたり、
「xmlの内容を変更してエラーが起きたら一度クリーンすると直ることがある」
などといった開発作業上で役に立つノウハウを共有してみたり、
「テスト項目に実機搭載後に気づいた項目を追加する」
「結果表示後にどういう挙動をするかを考えておく」
といった今後やるべきことの確認をしたりと、
なかなか盛り沢山な内容になりました。

9月末のレビューに向けて、
飲みのま!チームは準備万端なようです。
レビューの詳細は、また後日このブログで紹介しますので、
楽しみにしていて下さいね。

Entry | ORCで働く

わたしたちは、共に未来をつくる仲間を募集しています。