新人ブログ

H.Mの進捗報告/第一回

orc_hpblog_18_01

オープンリソースの新人プロジェクトブログへ、ようこそ。

今回は、新人プロジェクトのメンバーが各自で取り組むアプリ開発の
進捗状況を報告するシリーズでお送りしたいと思います。
このシリーズ初登場となる、今回のプロジェクトの紅一点・H.Mの登場です。
不思議な空気感を醸し出すのが大きな特徴と言える彼女が、
今回のプロジェクトにどんな姿勢で臨んでいるのか、
また現在の業務内容などについても迫ってみたいと思います。
では、おなじみのインタビュー形式でどうぞ!

インタビュアー(以下、イ):H.Mさんは、どの部署に配属されたんでしたっけ。

H.M(以下、M):リテール&サービスドメイン統括部です。同じさんぽけいチームのK.Kくんと、飲みのま!チームのT.IくんとT.Kくんと一緒ですね。

イ:新人プロジェクトのメンバーが、一番多く配属された部署ですね。

M:そうですね、仲間が多くて心強いですし、現在のところ本社内での業務が中心になっているので、わりとゆとりを持って仕事に臨めている気がします。

イ:これまで、本配属になってからどんなお仕事を経験されましたか?

M:主に開発されたシステムのテスト業務ですね。何らかのバグがプログラムにあって、システムにエラーが発生したものを、その原因を特定して、直していく作業が中心でした。

イ:「直していく」と一言で言っても、原因を見つけるのに苦労したりしませんか?

M:しますねー。この間も、どこがバグになっているのかが全くわからなくて、先輩に聞いたり、手伝ったりしてもらいながら、ようやくOSを新しいバージョンにしたことで、アクセス権限がなくなっていることが原因だとわかって、先輩と一緒に「やっとわかってよかったね」と胸を撫で下ろしたところでした。

イ:原因がわかって、問題は解決したんでしょうか?

M:今、対応している最中です。ずっとテスト作業やデータの抽出などが仕事の中心だったのですが、今度ようやく開発に携わらせてもらえることになりました。

イ:そうなんですね。どんなシステムの開発なんでしょう?

M:とあるブランドショップの保証書などを印刷するシステムのようです。まだ詳しいことは聞いていないんですが、C#を使った開発だ、という話は聞いています。

イ:そういう意味で言うと、プログラミングを経験するのは新人プロジェクトの方が先だった、ということでしょうか?

M:そういうことになりますね。もうすぐ中間報告レビューですが、とりあえず目標としていた基本機能の開発までは何とかできました。

イ:おっ、それはすばらしい。じゃあ実機への搭載も完了したのでしょうか。

M:はい、何とかテストを完了しました。テスト用の実機をメンバーの間で回しながら、交替でテストを行っていたのですが、一番最初にテストをしようとしたK.Kくんが「実機に搭載できない!」って言い出して、そこから私まで回ってくるのに時間がかかってしまいました。

イ:Facebookの会議室(注:新人プロジェクトのメンバーやプロジェクトに関わる人たちが情報交換するメンバー限定のFacebook内会議室のこと)で、K.Kくんが叫んでましたね(笑)。

M:そうなんです。Appleに登録している開発者アカウントの設定の問題だったようですが、K.KくんとD.Aくんで解決してくれたみたいでした。どうやって解決したかは、よくわかりません(苦笑)。

イ:プロジェクト自体は、楽しめているんでしょうか?

M:自分が「よし、やろう!」という気持ちになって、開発に取り組んでいる時は楽しんでいますが、先輩たちに「これをやらないといけない」と言われると、しょぼーん、となってしまう時があります。やる気になる時間を、自分の意志で増やしていかないといけないなあ、と思いますね。

イ:そうですね、ぜひ自発的に「よし、やろう!」と奮起してもらいたいと思います。今日はどうもありがとうございました!

orc_hpblog_17_03

いかがでしたでしょうか。
実務より先に新人プロジェクトでプログラミングの経験をした、
というH.Mさん。
中間報告レビューまでに何とか基本機能の開発を完了し、
レビューに臨もうとしている様子が感じられたかと思います。
レビューの後、開発にどんな取り組みをしているかは、
また後日このブログで紹介していきたいと思います。
そちらもぜひ、お楽しみに!

Entry | ORCで働く

わたしたちは、共に未来をつくる仲間を募集しています。