新人ブログ

K.Kの進捗報告/第二回

orc_hpblog_23_01

オープンリソースの新人プロジェクトブログへ、ようこそ。

今回のブログは、
現在進行中の新人プロジェクトのメンバーが、
それぞれどんな進捗になっているかを紹介するシリーズでいってみましょう。
今回登場するのは、「さんぽけい」チームのK.Kです。
もともと「画像で何か表現するものがつくりたい」というアイデアを、
プロジェクトの当初に出していた彼が今、
進めているのは「さんぽけい」アプリの描画機能部分の開発です。
やりたかったことができている様子のK.Kがどんなスタンスで
開発に臨んでいるか、インタビュー形式でご紹介しましょう。

インタビュアー(以下、イ):「さんぽけい」に搭載する機能を、メンバーそれぞれで開発する、というフェーズに入っていますね。

K.K(以下、K):そうですね、自分的にはもともとやりたかった描画機能を担当させてもらえることになって、結構楽しんで開発に取り組めています。自発的に開発に取り組む時間も、増えてきているような気がしますね。

イ:おっ、やる気になってきたってことですね。どんな描画機能にしようとしているんですか?

K:数字の中に「パーティクル」と呼ばれる、言ってみれば「つぶつぶ」を描画させようとしています。CGをコーディングする世界では、パーティクルを使って表現するのはわりと基礎的なことのようで、たとえば音楽の情報を取り込んでパーティクルを反応させたりとか、そんな演出を施すようですね。

イ:なんでその「パーティクル」を選択したんでしょう?

K:かっこいいからですかね(笑)。今、目指しているのは、歩数をカウントする毎にパーティクルを動かす、といった表現ができるようにすることです。

イ:なるほど、確かに見た目が面白かったら、楽しく歩けそうですよね。

K:万歩計そのものの機能だけだったら他にもアプリとして存在していると思いますが、万歩計を使うことで何か面白い反応や変化があれば、他のアプリとの差別化ができるのではないかと思っています。

イ:それは楽しみですね。他のメンバーとの連動も考えているんですよね?

K:たとえばD.Aくんが担当している歩数のログを保存して表示させる機能だったら、グラフで表示させようということになれば、パーティクルを使って表示させたら結構面白いことになるんじゃないか、とは思います。でも当初目標としていた「12月のレビューまでにそれぞれで開発した機能を統合する」というのは、ちょっとスケジュール的に難しそうな感じになってきたので、そこまでは難しいような気がします。

イ:なるほど、12月のレビューでは、それぞれが開発した機能が見せられるようにしよう、という話になったんですよね?

K:はい、まずはそこまではなんとか死守したいな、と思います。

イ:みんな、通常の業務が忙しいんですかね?

K:どうなんでしょうね? 確かに、通常の業務と平行して進めていくのは、なかなか大変ではありますけど。お客様のところで業務に携わっている人は、より一層大変なのかもしれませんね。自分的には、今は本社で開発業務に携われている感じなので、それほど大変とは感じてはいないですけど。

イ:今はどんな業務をやっているんでしょう?

K:大手百貨店チェーンのお客様向けサービスに対応するWEBアプリケーションの開発ですね。主にJavascriptやHTML、CSSなどを使って、12月末くらいまでに開発完了を予定しているプロジェクトに関わっています。

イ:K.Kくんがイメージしている機能の完成に向けて、通常業務との両立をうまくやってもらえたらと思います。今日はありがとうございました!

いかがでしたでしょうか。
K.Kくんは、通常業務との両立を比較的うまくやれている印象を受けました。
このペースで、チームのメンバーと協力しながら、
アプリの完成までがんばってもらいたいと思います。

orc_hpblog_23_02

Entry | ORCで働く

わたしたちは、共に未来をつくる仲間を募集しています。