新人ブログ

D.Aの進捗報告/第二回

orc_hpblog_28_01

オープンリソースの新人プロジェクトブログへ、ようこそ。

前回はH.M、その前はS.Iと、
「さんぽけい」チームの面々の個人の進捗報告を続けて紹介しましたが、
今回もまた「さんぽけい」チームのメンバーであるD.Aの登場です。
各自で機能を開発する、という目標を掲げているチームですが、
D.Aは果たしてどんな機能を担当し、どこまで開発を進められているのでしょう。
今回もインタビュー形式でお送りします。では、どうぞ!

インタビュアー(以下、イ):「さんぽけい」チームは各自で別々の機能の開発に取り組んでいますが、D.Aくんはどんな機能にチャレンジしていますか?

D.A(以下、A):私はログ機能の開発にチャレンジしています。「さんぽけい」を使っている人がカウントした歩数や距離を記録して、それを集計して表示させたりする機能、ということですね。

イ:進捗の具合は、いかがでしょう?

A:データベースを使った開発になるのですが、最終的には他の人が開発している機能との統合を考えているので、とりあえずS.Iくんが取り組んでいるバックアップ機能との連動を想定して、S.Iくんと連絡を取り合いながら開発に取り組んでいます。

イ:おお、最終的な完成形をイメージしながら開発を進めている、ということですね。

A:はい。機能の結合を想定しながら開発を進めていると、新たな問題が浮き彫りになってくるのも大きな気づきであり、収穫でした。

イ:「新たな問題」とは、どんなものですか?

A:実は「さんぽけい」のメンバー毎に開発で使っていたX-Codeのバージョンが違っていた、ということがわかりました。iOS7がリリースされて、X-Codeのバージョンもアップされていたのですが、メンバーの何人かはバージョンアップに対応していて、何人かは対応していない、という状況が発覚しました。

イ:バージョンが違っているために起こる不具合があった、と?

A:最終的に機能の統合を想定していると、機能同士を連携させた時にうまく動かなくなる、という不具合が当然のように発生します。なので、新しいバージョンのX-Codeに揃えよう、ということになりました。

イ:S.Iくんの開発するバックアップ機能との連携は、うまくいきましたか。

A:はい、S.Iくんとは密に連絡を取るようにして、うまく連動させることができました。もちろん、難しい部分もありましたが、結果的にレビューの際には機能を連動させたものをお見せすることができそうです。

イ:それはレビューが楽しみになりますね。通常業務との両立は、いかがですか。

A:正直なところ、しんどい部分はあります。特に私のいるITインフラドメイン統括部は、基本的にはプログラミングをしない仕事が多いので、通常業務と新人プロジェクトでやっていることはあまりリンクしません。しかしながら新人プロジェクトは、自分としてはかなりモチベーションアップになっているように感じています。

イ:新人プロジェクトのどういうところでモチベーションアップができているのでしょう?

A:同期の仲間とプロジェクトを進められている、というところでしょうか。同期の中でITインフラドメイン統括部に配属されたのは私だけというのもあり、通常業務のチームには先輩しかいません。先輩たちはとても気軽に話せる感じではあるのですが、それでも少なからず気を使う部分はあります。逆に新人プロジェクトでは同期しかいないので、そういう気遣いはまったく必要ないので、やりやすく感じられています。

イ:なるほど、ではそのモチベーションをさらに向上させて、レビューに臨んでいただきたいと思います。今日はどうもありがとうございました!

orc_hpblog_28_02

いかがでしたでしょうか。
「さんぽけい」の完成形を、各自で開発した機能の統合に置き、
S.Iくんの開発した機能との連携を進めているという、
進捗報告としてはとても興味深い内容のインタビューになりました。
レビューの報告をこのブログでするのが、
とても楽しみになってきた次第です。

Entry | ORCで働く

わたしたちは、共に未来をつくる仲間を募集しています。