新人ブログ

新人プロジェクト・メンバー紹介/第一回・T.R編

orc_hpblog_02_IMG_5350

オープンリソースの新人プロジェクトブログへ、ようこそ。

2014年度もいよいよ始まった新人プロジェクトですが、
今回から何度かにわたって、
プロジェクトのメンバーとなっている2014年新入社員を、
一人ずつインタビュー形式でご紹介していこうと思います。
名づけて「新人プロジェクト・メンバー紹介」シリーズ
第一回目の今回は、文系出身のT.Rです。
「新入社員」と言うには少々年齢が上のような気がする(笑)彼が、
どんな人柄の人物か、を感じてもらえたらと思います。

では、どうぞ!

インタビュアー(以下、イ):今日はよろしくお願いします。文系のご出身ということですね?

T.R(以下、R):はい、立教大学の経営学部出身です。少々、長めの学生生活を過ごしてしまいましたが(苦笑)。

イ:あら、いきなりの告白、ありがとうございます。そんなに勉強が好きだったんですかね?(笑)

R:どうなんでしょう(笑)。でも、本当はとある国立大学の経営学部を目指していたんです。経営が勉強したくて、どうせやるなら有名なところで学びたいと思って。でも、そこでまず一浪しまして。

イ:それは残念でしたね。「そこでまず」ってことは、その後も何かあったということ?

R:そうなんですよ。立教の経営学部はまだできて間もない学部だったので、新しくできたばかりだったら力が入ってるんじゃないか、と思って進学したのですが、サークル活動に力を注ぎ過ぎちゃって、一留してしまいまして(苦笑)。

イ:そんなにサークル活動にハマっちゃったんですか?

R:はい、海の家を経営するという、珍しいサークルだったんですが、経営を実際の現場で勉強できるのが面白くて、ハマってしまって。最終的には副店長まで任されるほどになりまして。結果、就活でも悩んでしまって、そこでまた一年休学することになったんです。

イ:就活のどんなことで悩んだんです?

R:どんな仕事をしたいのか、って自問した時に、漠然と「自分にしかできない仕事がしたい」と思っていたんですね。ただお金を稼ぐためだけに働いて、年を取るのはイヤだな、と。ただ具体的に何がやりたい、というのが明確ではなかったので、休学前の就活で内定も一社いただいていたのですが、「何か違う」と思って辞退させていただいたんです。

イ:なるほど。では改めて行った就活で、ORCを選んだ理由は?

R:パソコンをいじるのは、好きだったんですね。海の家のサークルでも、撮影した動画を編集するのにパソコンを使ったりもしていましたから。中学時代には、パーツを買ってきてパソコンを自作したこともあります。だからIT業界だったら、自分がやりたいことを見つけられるのでは、と思ったんですね。ただ、規模の大きな企業だと自分が何をやっているかわからなくなりそうだったので、比較的規模の小さな企業を中心に探しているうちに、ORCの「自分ブランドを、つくろう」というメッセージに出会いまして。

イ:そのキャッチフレーズに、引かれたんですか?

R:そうですね。「自分にしかできない仕事がしたい」という想いにもピッタリ合っていたし、そう考えている人たちと一緒に働きたい、と思いました。面接の際も、社長と話をさせてもらって、自分の考えていることとズレがない、と感じましたしね。

イ:入社して、新人プロジェクトが始まりました。どんな感じですか?

R:まだ始まったばかりなので、どうなっていくかわからないところがありますが、同期の仲間とも密にコミュニケーションが取れていますし、先輩社員の方々も優しく見守って下さっているので、とても心地よく進められている気がしています。これからアイデアが具体的になっていくと思いますが、自分自身も楽しみですね。

イ:わかりました。今日はどうもありがとうございました!

orc_hpblog_02_IMG_4991

いかがでしたでしょうか?
「自分しかできない仕事がしたい」という強い想いを持って入社してきたT.Rの、
新人プロジェクトでのこれからの活躍に期待したいと思います。

ORCへのエントリーは、こちら

Entry | ORCで働く

わたしたちは、共に未来をつくる仲間を募集しています。