新人ブログ

集合研修報告/第一回

orc_hpblog_04_IMG_5506

オープンリソースの新人プロジェクトブログへ、ようこそ。

新人だけでiPadアプリを開発し、
たくさんダウンロードされることを目指して行われている、新人プロジェクト
その進捗状況を報告するのがこのブログの主旨ですが、
今回はプロジェクトのメンバー全員で行われる「集合研修」の様子を、
レポートしてみたいと思います。

2014年4月に入社した新人は、全員で8名
前回4月に行われた集合研修では、メンバーを2つのチームに分けました。
ちなみにチーム分けは、以下の通りです。

<Aチーム>
Y.K 明治大学政治経済学部卒
Y.O 東京理科大学理工学部卒
Y.S 愛知工科大学工学部卒
I.Y 日本電子専門学校卒

<Bチーム>
T.R 立教大学経営学部卒
Y.T 芝浦工業大学工学部卒
H.O 東京電機大学理工学部卒
M.S 東京工科大学メディア学部卒

各チームでどんなアプリを開発するか、
前回の集合研修でさまざまなアイデアを出すブレーンストーミングを行い、
企画内容のおおまかな部分を決定しました。
Aチームが企画したのは、「記念日向けの献立アプリ」
Bチームが企画したのは、「写真を星座に変換するアプリ」
なかなか、個性的なアイデアが出てきたものだと思います。

今回の集合研修では、その企画をそれぞれのチームで深化させ、
チーム毎にその内容を発表するところからスタートしました。
各チームが行ったプレゼンに対しては、
それを聞いていたチームがさまざまな疑問や質問を投げかけました。
その投げかけられた疑問や質問を受けて、
各チームでさらにアプリの具体的なイメージをつくっていこう、
ということになりました。

どのように「具体的なイメージ」をつくっていくかというと、
まずはそのアプリを使用する人のターゲットイメージを
具体化することから取り組んでみました。
具体的なターゲットのイメージを2人分つくってみよう、ということになり、
そのターゲットの生活スケジュールを時系列でつくってみました
たとえば朝は何時に起きて、食事は何時にして、
その間はどんな過ごし方をしているのか、というイメージを膨らませてみました。
そこで、一体どのタイミングで企画したアプリを使うのか
各チームでそれぞれ、頭をフル回転させながらターゲットのイメージをつくりました。

orc_hpblog_04_IMG_5511

さらにこのターゲットのイメージを各チームがプレゼンし、
それを聞いた別のチームがまた意見や質問をする
という形で議論を深めていきました。
この議論を踏まえ、各チームのアプリの企画はより具体的になり、
どんな機能が必要になってくるかが明確になっていきました。

次回の集合研修までには、
開発のスケジュールを組んでみたり、
必要となる資料や書籍、市場調査などを集めておこう、
ということになり、今回の集合研修は終了しました。

次回の報告では、
より技術的な話も話題になってくるのではないかと思います。
企画段階からアプリの開発に取り組むことで、
これまであまり考えたことのないターゲットのイメージ
市場の状況などを考える機会が得られたようで、
新人たちにとっては大きな刺激になっている様子でした。

Entry | ORCで働く

わたしたちは、共に未来をつくる仲間を募集しています。