新人ブログ

最先端開発プロジェクト 進捗報告/第一回


orc_blog_02_01.jpg


新入社員4名による「スマホアプリ開発プロジェクト」が、
少しずつ、少しずつ、歩みを進めています。

前回のブログで紹介した通り、彼らが当初のアイデアとして推し進めていた
Bluetoothによる複数人でのメアド交換アプリは、その技術先行でユーザビリティに対する意識が欠ける、
というところから却下となり、アイデアの再考をすることとなりました。

「これまで一カ月くらいかけて、一生懸命考えてきたのに……」
そんな風に意気消沈してしまうのではないか、
と心配していた先輩社員やファシリテーターの気持ちとは裏腹に、
新入社員はむしろ活発に意見を出し、交わし合うようになりました。

orc_blog_02_02.jpg


■ アイデアその1 メモ帳ペリペリアプリ
雑貨店チェーンでも人気のあるメモ帳の、
「ペリペリ」とめくる感覚をフリックの動作で楽しめるアプリ。
これは、Y.Kからの提案でした。

■ アイデアその2 なぞるだけアプリ
スマホを使い始めたばかりのライトユーザーをターゲットに、
お題を出してその通りになぞるだけのスマホ動作練習アプリ。
これは、N.Iからの提案でした。

■ アイデアその3 ソーラービームアプリ
かの有名なSF映画の悪役ボスの武器を模したスマホアプリにインスパイアされ、
これまた有名なアニメの主人公が発する技をスマホで発動できる、というアプリ。
これは、M.Nからの提案でした。

■ アイデアその4 部屋の棚管理アプリ
ブレーンストーミング当初から出されていたアイデアの一つで、
部屋の引き出しや書棚などに何が入っているかを管理できるアプリ。
これは、M.Tからの提案でした。

orc_blog_02_03.jpg


いずれのアイデアも、どこか「突き抜けた」印象を与えてくれるものでした。
Bluetoothアドレス交換アプリに固執していた時は、
どこかそのアイデアを無理やりにでも形にしなくては、
という変な使命感を持って議論に取り組んでいた彼らでしたが、
その議論を経て、改めて「ユーザーフレンドリー」ということの
大切さに気づいてくれたかのような、
話していて楽しげになってくるアプリのアイデアがラインナップされました。

さて、実際にどのアプリを開発していくことにしようか、と。
今回のプロジェクトでは、
一つのアプリの開発を複数の人間で手分けするのではなく、
一つのアプリをメンバーで一斉に開発していきながら、
お互いに進捗状況を確認しつつ、それぞれ仕上げていく、
というスタイルで開発に取り組もう、ということになりました。

そんな中で、議論する間にだんだんとみんなの関心が高まってきたのが、

■ メモ帳ペリペリアプリ

でした。
簡単なメモ帳機能もありながら、それでいてペリペリとはがす触感も楽しめる。
「なんかいいじゃない?」という感じで、
だんだんとこのアイデアを具体的にさせていこうという空気になっていきました。

orc_blog_02_04.jpg

&

次回は、このメモ帳ペリペリアプリが、具体的にどんな仕様にしていくのか、
を議論してきた彼らのプロセスについて紹介します。

Entry | ORCで働く

わたしたちは、共に未来をつくる仲間を募集しています。