新人ブログ

最先端開発プロジェクト 進捗報告/第二回


orc_blog_03_01.jpg

                                                  

前回のブログで、開発を目指すアプリが、

メモ帳ペリペリアプリ

に定まったことを紹介しました。
今回は、その後の彼らのディスカッションを通して、
具体的にどんな仕様のアプリをイメージし始めたのか、
をレポートしたいと思います。

まずは、アプリのネーミングから。

メモをペリペリする感覚が楽しめるアプリというなら、

メモペリ

でいいんじゃないか、というアイデアが出されました。

さらには、その感覚を「ペリ感」という造語で共有するようになり、

あれ、もしかして、

ぺりかん

でいいんじゃない? ということになり、

結局アプリの名前は「ぺりかん」ということに落ち着きました。 

orc_blog_03_02.jpg

                                                  

ペリペリする感覚が楽しめるというのなら、
やっぱりその「ペリッ」という音にはこだわった方がいいよね。
だとしたら、音が出るタイミングは絶妙でなきゃいけないよね。

「ペリッ」とめくったら、色が変わった方が楽しいかもしれない。
もっと言えば、たまに「レア」な色が出る方がいいかもしれない。

画面の左下から右へ向かってフリックすると「ペリッ」とする感じだよね。
でも右下から左へ向かってフリックしたい人はどうする?
真ん中の下から上へフリックした時にはどう反応させる?
いや、やっぱり左下から右へ向かってフリックした時だけに、
「ペリッ」とするようにした方がいいんじゃないかしら。

などなど、「ペリ感」に関する議論がさまざまに交わされました。

orc_blog_03_03.jpg

                                                  

一方で、メモ帳機能はどの程度にするか、という点も議論の大きな論点の一つになりました。

・線画を描くツールと消しゴムツールを用意する。

・何か書いて「ペリッ」としたメモは、保存させる。

・白紙で「ペリッ」としたメモは、保存しない。

・保存したメモは、リストで見られるようにする。

・削除したいメモは、削除できるような機能も設ける。

などなど、具体的な機能まで議論をすることができました。

これらの議論をパワーポイントにまとめて、
先輩社員たちに向けたレビューも行いました。
先輩社員たちからも、概ね「いい感じだね」という評価をいただき、
実際の開発に向けて動き出すことができるようになりました。

orc_blog_03_04.jpg

                                                  

次回のブログでは、実際の開発に必要な知識を学ぶ研修に取り組む
新卒4名の姿をご紹介したいと思います。

Entry | ORCで働く

わたしたちは、共に未来をつくる仲間を募集しています。