新人ブログ

N.Iの取り組み/第一回

orc_blog_07_01.jpg


前回でN.M、前々回でY.Kの取り組みについてご紹介した、
このスマホアプリ開発プロジェクトブログですが、
今回は新卒入社4名のうちの三人目、
N.Iの取り組みについて紹介しましょう。

N.Iのプロフィールを見てみると、他の三人と異なり、文系出身。
法政大学法学部を卒業し、当社へ入社してきました。
しかしIT業界への興味はもともと強かったようで、
プロジェクトでも「なぞるだけアプリ」というアイデアを出してみたり、
プログラミングをしてみて、実際に思った通りに動いた時の喜びは、
かなり強く感じている様子がうかがえます。

ではそんなN.Iの進捗状況を、インタビュー形式でご報告します。

インタビュアー(以下、イ):他のプロジェクトメンバーに聞くと、N.Iさんが結構先へ進んでいる、
という話を聞きましたけど?

N.I:実は開発するアプリが決まった後、
みんなでS.U先輩から開発手法を学ぶ研修に取り組んでいる間、こっそり先に進めてたんですよ。
だからスマホアプリ開発研修が終わった後には、すでにフリックするとランダムで色が変わる、
という段階まで進んでいまして。

イ:ものすごい抜け駆けしてたってことですね(笑)。

N.I:はい、ぶっちゃけ、その通りです(笑)。

イ:現時点では、どこまで進んでいる状況でしょう?

N.I:フリックの動作を横に動かすと、画面が赤くなっていき、縦に動かすと緑になって、
斜めに動かすと黄色くなる、という動作を実現しています。こういう動作をさせることが、
「ペリッ」と動くアニメーションの前段階として活用できるかな、と思ってつくってみました。

イ:なるほど、それはなかなか、先へ進んでいる感じがしますね。

N.I:今は画面全体がそんな感じの動作をする状態ですが、
次の段階では、メモ帳らしく画面の中にメモ帳のような枠をつくって、
その色を変えていくという形にさせていきたいと思っています。

イ:現在、配属先も決まって、実務も同時並行で行っているんですよね?

N.I:もちろんです。私はフィナンシャルドメイン統括部に配属となって、
現在はインターネットショッピングの決済画面のデモ画面をつくったりしています。

イ:仕事とプロジェクトの両立は、難しくありませんか?

N.I:難しいと言えば難しいですが、プログラミングは楽しいですよね。
平日、仕事をして家に帰ってきて、スマホのアプリのプログラミングを始めて、
気がついたら寝る時間になってる、みたいな生活を続けてますが、
できたプログラムが思った通りに動いたところを見ると楽しいですし、
うまく動かない時でもコードの間違いを見つけて直せたりするとスッキリします。

イ:なるほど。思い切り仕事もプロジェクトも楽しんでいることが伝わりました。
今日はありがとうございました。

orc_blog_07_02.jpg

いかがでしょうか。
N.Iが、相当な勢いでプログラミングを楽しんでいる様子が、
少しでも感じられたら幸いです。

Entry | ORCで働く

わたしたちは、共に未来をつくる仲間を募集しています。