新人ブログ

N.Mの取り組み/第二回

orc_blog_11_01.jpg


2012年入社の新入社員4名が取り組むスマホのアプリ開発プロジェクトを、
一人ひとりの進捗を報告する形で、その進み具合を紹介するシリーズですが、
前回はY.Kの取り組みについてご紹介させていただきました。

今回は4名のうちの一人、N.Mの進捗状況を報告させていただきます。
おなじみのインタビュー形式で、どうぞ!

インタビュアー(以下、イ):どうですか、進捗状況は。

N.M:厳しいですね?(苦笑)。二週間に一度、同期入社のみんなで集まってお互いの
  ソースコードを見合う研修をしていますが、みんなの進み具合が早くて、焦りを感じたりします。

N.M:なるほど。
それはやはり、ふだんの業務がいわゆる「開発」とは違った領域の業務というのもありますか?

N.M:どうでしょうね? 多少はあるかもしれません。
ITインフラドメイン統括部はその名の通り、ITインフラに関わる業務が中心なので、プログラミングは
ほとんどやりませんからね。

イ:プログラミングそのものには、興味はあるんですよね?

N.M:もちろん、あります。
この前の研修でも、課題として「アニメーションを導入する」というものが掲げられていたのですが、
当初目標としていたフリックして画面が移り変わるアニメーションまではできなかったものの、
ボタンを押すと画面が変わるというアニメーションはつくることができました。

イ:それは、自力でいろいろ調べて、そこまで持っていったんですか?

N.M:そうですね。インターネットとかで参考になるものを調べて、
真似してやってみたらうまく組み込めた感じです。
もっと深いところまで理解できるようになったら、一層プログラミングが楽しくなると思います。

イ:4人の中で、一番進んでいると感じられたのは、誰ですか?

N.M:N.Iさんですね。もうあとは手書き入力するところができれば完成じゃないか、というぐらいの
進み具合でしたから。「待ってくれ?」という感じです(笑)。

イ:じゃあ、N.Iさんのソースコードを持ち帰って、参考にしてみてはいかがですか。

N.M:そうですね。 研修の中だけで、お互いのソースコードを見合うだけだと、
時間がなくてちゃんと見られないので、持ち帰って参考にする、というのはいいと思います。

イ:次回のインタビューでは、みんなに負けないくらいの仕上がりを期待しています。
今日はありがとうございました!

いかがでしょうか。
ふだんの業務とは違った「開発」に取り組んでいるN.Mが、
チャレンジしている様子に「熱さ」を感じていただけたら幸いです。

Entry | ORCで働く

わたしたちは、共に未来をつくる仲間を募集しています。