新人ブログ

N.Iの取り組み/第二回

orc_blog_12_01.jpg


新人スマホプロジェクトの進捗をご紹介するこのブログですが、
ご好評いただいている2012年入社の新入社員4名それぞれの
進捗状況の報告シリーズもN.M、Y.Kの二回目を紹介いたしました。
今回はプロジェクトメンバーの三人目・N.Iの取り組みを紹介いたします。

4人の中で一番進み具合が早い、
と評判のN.Iがどこまでアプリ開発を進めているか、
おなじみのインタビュー形式で、どうぞ!

インタビュアー(以下、イ):相変わらず、トップスピードで開発を進めているようですね。

N.I:はい、どうもそのようです。
家に帰って、まったく開発に手をつけない時もあるんですが、やる気になった時は寝る前までずっと
集中してやっていたりしますので、そのせいかもしれません。

イ:取材するたび、なんか活き活きしてきてますもんね。
おや、すでに手書き機能まで搭載されているじゃないですか?

N.I:そうなんですよ。今度の集合研修までに設定した課題は、フリックして「ペリッ」といくところまで、
となっていたんですが、一歩先に行って手書き機能もつくってみました。

イ:スゴい、スゴい。ちゃんと書いたものも一緒に、「ペリッ」といくんですか?

N.I:はい、ちゃんと「ペリッ」といきます。(と、やってみせる)

イ:おお、ほんとだ!なんか、ほとんどでき上がってる感じじゃないですか。

N.I:もっと自慢していいですか(笑)。
右下にアイコンがあるんですが、これ、ポチッとやると鉛筆と消しゴムが切り替わるんです。
消しゴムにすると、書いたものがちゃんと消せるという。(と、やってみせる)

イ:おおおおお。ほんとに消せる!しかし、この書いたり消したりする動作と、
「ペリッ」とする動作はどのように違いを認識させているんです?

N.I:フリックする指の本数ですね。
一本だと書いたり消したりできて、二本でやると「ペリッ」といく、と。

イ:なるほど!あとは書いたメモの保存機能を加えたり、操作説明書を見なくても感覚的に操作できる
ようなインターフェイスを工夫したり、くらいですね。

N.I:そうですね。もっとブラッシュアップして、楽しいアプリにできたらいいと思います。

イ:次のインタビューまでに、どこまで進んでいるかが楽しみです。今日はありがとうございました!

orc_blog_12_02.jpg


いかがでしょうか。
N.Iの進捗がずいぶん先へ、先へと進んでおり、
アプリ開発を楽しんでいる様子を感じていただけたら幸いです。

Entry | ORCで働く

わたしたちは、共に未来をつくる仲間を募集しています。