新人ブログ

N.Mの取り組み/第三回

orc_blog_17_01.jpg


だんだんと、アイデアが形になってきたスマホのアプリ開発プロジェクト。
2012年入社の新入社員4名が、一人ひとりそれぞれに、
それぞれの手法でアプリ開発に取り組むフェーズになってきて、
お互いの進捗を報告する集合研修での意見交換も活発になってきました。
一人ひとりの進捗を報告するシリーズも、第三回を数えるまでに至りました。

前回のY.Kに引き続き、今回はN.Mの取り組みをご紹介したいと思います。
前回の報告では、進捗具合について「厳しい」と答えていたN.Mですが、
今回はどんな状況になっているのでしょうか?
おなじみのインタビュー形式で、どうぞ!

インタビュアー(以下、イ):前回のインタビューでは、進捗が「厳しい」とおっしゃっていましたが、
その後はいかがですか。

N.M:自分的には、だいぶ進めたつもりです(笑)。メモ帳に書いたものを保存したい時に、
その画像を保存したカードリストの画面は、すでにつくってあります。

イ:おお、それはずいぶんと先に進めましたね。もう保存できる機能も、搭載されているんですか?

N.M:いえ、それはまだです。保存するリストの画面だけができている、という(苦笑)。

イ:ずっこけるじゃないですか(笑)。メモ帳に字や絵を描ける状態は、できているんですか?

N.M:コーディングはしてみたのですが、まだ思っている動作をするようには、できていないですね。
  インターネットに載っていた直線をつなぐだけの機能のコードを参考にしているのですが、
  細かな直線をつなげていって、なめらかな線を描けるように修正したいと思っています。

イ:なんか、まさにいろんな機能を付け加えていってる真っ最中、という感じですね。

N.M:そうですね。N.Iさんの開発しているアプリは、すでになめらかな線が描けているので、
もしかすると自分が参考にしようとしているソースコードと近いかもしれないので、
もしそうだったら、N.Iさんのコードを参考にしてみたいと思っています。

イ:コードを書くのに、それぞれの個性がでるものなんですか?

N.M:あると思います。一人ひとり、それぞれのアプローチで機能の搭載に取り組んでいたりするので、
集合研修でいろいろと意見交換する中で、参考になる話が聞けるのではないかと思います。

イ:業務との両立は、どうですか。
N.Mさんだけ、「開発」とは異なる業務なのは相変わらずだと思いますが。

N.M:今は、バランスよくやっています。でも近々、また資格取得のための試験を受けるつもりなので、
その勉強もしないといけないし、今の担当業務が9月中旬から10月にかけて忙しくなる予定なので、
バランスの取り方が難しくなりそうな感じはしています。

イ:なるほど、これからますます両立が難しくなってきそうですね。

N.M:でも、だんだんとアプリ開発が形になってきて、
集合研修でも意見交換が面白くなってきているので、
前よりも達成感が出てきています。楽しんでますよ。

イ:それはよかった!ではその前向きなスタンスを継続していただき、
次回のインタビューではさらに開発が進んでいることを期待しています。
ありがとうございました!

orc_blog_17_02.jpg


いかがでしょうか。
前回のインタビューでは、かなりしんどそうだったN.Mですが、
今回のインタビューではずいぶんと前向きにアプリ開発を楽しんでいる、
という様子がうかがえました。
次回のインタビューを、ぜひご期待下さい!

Entry | ORCで働く

わたしたちは、共に未来をつくる仲間を募集しています。