新人ブログ

M.Tの取り組み/第三回

orc_blog_19_01.jpg


2012年新卒入社の新入社員4人が、
スマホのアプリ開発にチャレンジする様子をご紹介するこのブログですが、
前回はN.I、その前はN.M、Y.Kの進捗状況の三回目を紹介してきました。
今回は4人のうちのトリを飾って、M.Tの三回目を紹介しましょう。

独自の視点でアプリ開発にチャレンジしているM.Tの現在の進捗状況を、
おなじみのインタビュー形式で、どうぞ!

インタビュアー(以下、イ):その後の進捗は、いかがですか。

M.T:やっと、手書きの線が描けるようになりました。あと、「ペリッ」とさせる音も、
3種類がランダムに鳴るようにしています。

イ:ほんとだ、「ペリッ」の音が違いますね。

M.T:でも、その機能を加えることで、「ペリッ」とめくった時に色が変わるという機能が、うまく動作
しないようになってしまいましたね。

イ:あれっ、それはまた、なんでですかね。

M.T:それがわかれば、直してるんですけどね(苦笑)。新しい機能を加えるソースコードを付け加えて
みると、これまで正しく動作していたソースコードがどこかで阻害されて、うまく動作しなくなる、
ということなんでしょうけど、それがどこなのか、を探すのが結構時間を取られる、という感じです。

イ:なるほど、一進一退、という感じになってしまうんですね。

M.T:そうですね。アプリの開発環境の中に、それぞれ「こうしたい」と思った機能を実現させられるような
パーツが用意されているのですが、それらを組み合わせた時にどう動くかはやってみないとわからない
部分があって、インターネットで調べてみても全部がわかるわけではないんですね。

イ:やってみたら、うまくいかない、じゃあそれはどこに原因があるのか、という流れを繰り返している
感じなんですかね?

M.T:そういう感じですね。インターネットで調べてみると、英語で表記されたページとかに行き着いて
しまったりして、そうすると「もういいや」と諦めちゃう、という(苦笑)。

イ:英語のページって、翻訳サイトで翻訳しても、何だかわからない日本語になったりしますもんね。

M.T:他の人のソースコードも、集合研修で教えてもらって、参考にしたりもしていますが、結局自分の
ソースに組み込む際には、そのソースコードがどう機能しているのか、全体像が自分で理解できて
いないとうまく組み込めないんですね。でも、うまく動作するようになった時には、うれしくなり
ますよ。

イ:紆余曲折を繰り返しながら、着実に一歩ずつ進んでいることがわかりました。
今日はどうもありがとうございました!

orc_blog_19_02.jpg


いかがでしょうか。
Androidの特徴を少しずつ理解し、アプリ開発を進めている、
M.Tのこだわりを感じていただけたら幸いです。

Entry | ORCで働く

わたしたちは、共に未来をつくる仲間を募集しています。