新人ブログ

N.Iの取り組み/第四回

orc_blog_25_01.jpg


2012年4月入社の4名がそれぞれに取り組む、スマホ向けメモ帳アプリ「ぺりかん」の開発も、
かなり佳境にさしかかってきました。

4人の中で一番、喜々として開発に取り組むN.Iも、そのアプリはだいぶ「仕上げ」の段階に
入ってきたようです。そんなN.Iの進捗報告を、インタビュー形式でお送りします。
では、どうぞ!

インタビュアー(以下、イ):進捗の具合は、どんな感じでしょう?

N.I:前回、二回目のお披露目会でお見せした通りですね。とりあえず、保存したメモの
リストへ、リストボタンで飛ぶという機能はうまく作動するようになりました。

イ:おお、確かにちゃんとリストが表示されますね。

N.I:リスト画面も、ちょっと工夫をしたんです。リスト画面を表示すると、そもそもスマホの画面だと
24枚までしか表示されないレイアウトになってしまうんですね。

イ:なるほど、じゃあそれ以上の枚数のメモが保存されていると、スクロールする、みたいになって
いたんですかね?

N.I:そうですね。それだとメモの枚数がどんどん増えると、パンクしちゃうみたいな現象もあり得ると
思ったので、今はリスト画面の1画面あたりに16枚までしか表示しないようにしています。

イ:16枚以上のメモが保存された場合、どうなるんです?

N.I:それ以降は、NEXTボタンを表示するようにして、ボタンをクリックすると2つ目のリスト画面に遷移
するようにしています。

イ:ほんとだ。あれ、なぜかAndroidくん(Androidのイメージキャラクター)がいる。

N.I:保存されたメモの枚数が半端な枚数になることもあると思うので、その場合はブランクのところに
とりあえずAndroidくんを表示させるようにしています。

イ:なんか、別のキャラクターにしようと企んでいるとか?(笑)

N.I:そうですね、なんかつくってみてもいいかもしれません。あとは、いらなくなったメモを捨てられる
機能もつけてあります。

イ:どうやって捨てればいいんです?

N.I:いらないメモを長押しすると、いわゆる「ドラッグ&ドロップ」的な動作で画面ができます。
下の方に持っていくと、画面下部がゴミ箱のようになっていて、捨てられるようになっています。

イ:ほんとだ、削除された!

N.I:途中で指を離すと、削除されないようにもなっているので、間違って長押ししちゃっても大丈夫です。

イ:感覚的に触っていても、わかるような動作になっていますね。

N.I:最終的には、画面のどこかにゴミ箱を表示させて、そこへ持っていくと削除できる、
というような動作にさせたいと思っています。

イ:かなり、完成形に近づいている感じがしました!今日はありがとうございました!

orc_blog_25_02.jpg


いかがでしょうか。
N.Iのアプリはほぼ、完成に近い状態になってきています。
近い将来、アプリストアなどでリリースができる日も、
そう遠くはないように感じました。

Entry | ORCで働く

わたしたちは、共に未来をつくる仲間を募集しています。